FC2ブログ

スズノスケと私

愛車スズノスケ(SUZUKI GN125-2F)と私のツーリング日記です

【九州のタビ その8】 下関~広島  

10月21日(日)
7時
レッドSUNを発ち、あこがれの角島へ。
2018y11m17d_232947586.jpg

まだ人がいない早朝の角島大橋は感動も数倍!
レッドさんが泊めてくれたおかげだね。



8:30
元乃隅稲荷
junさんのブログで見て、行きたかった場所なんだ。

2018y11m17d_233707572.jpg

赤い鳥居のトンネルが海へ導く。

鳥居の上の高い場所にお賽銭箱があり、挑戦してみたけどかすりもしなくて
タビコ、はぶてる。
2018y11m17d_233912888.jpg


今日も真っ青な空だね。
ジーコさん すてきな写真ありがとう。
2018y11m17d_233532362.jpg

元乃隅で、しんさん、ジーコさんとお別れし、
萩まで送ってくれたヒデジーさんともお別れし、



10:30 長州藩の城下町
2018y11m17d_235321039.jpg

昨夜 ヒデジーさんがお土産にくれた 山口外郎がとても美味しかったので
萩の豆子郎で おみやげにういろうを買った。
2018y11m18d_000206564.jpg
名古屋や小田原のと違って、山口のはつるんつるんぷるんぷるんでめちゃくちゃ美味しい♪ オススメです。


木戸家、高杉家、松下村塾など巡り、
2018y11m17d_235531086.jpg

いろんな意味でインパクトがあったのが、松蔭記念館です。
吉田松陰の生涯を蝋人形で再現してるのですが、人形が古びて黒ずんで傾いてる。怖い。
2018y11m17d_235444872.jpg
お化け屋敷かと思ったよ

これは 甲賀忍者村みたいな がっかり感を楽しむB級スポットなのか?と思いきや、
人形のクオリティなんて寄せ付けない、松陰先生のピュアで情熱的な生涯。
それに圧倒されて、最後の処刑シーンではもう、涙うるうるになってました。
いいものを見た。。。



3時間以上も心ゆくまで幕末トリップして
13時 萩 発。
18:30 広島市の実家に到着しました。
ヒデジー「 下関~広島 国道191号線 全線走破おめでとう」
おお!そうなんだ? 全部走ったんだ!

191号線、全長290k
日本海はきれいだったし、
2018y11m17d_235746177.jpg

中国山地越えはけっこう寒かったけど
プチ迷子になったおかげで棚田をみつけたり (井仁の棚田)
2018y11m18d_000030056.jpg

楽しい道だったなあ
てか、 この長い道を往復して会いに来てくれたヒデジーさんに改めてありがとう。

本日の走行距離:280km

2018y11m05d_152206481.jpg






33704

Posted on 2018/11/18 Sun. 21:39 [edit]

category: 仲間旅

tb: 0   cm: 3

【九州のタビ その7】 伊万里~下関  

10月20日(土)
7:30 伊万里発

ゆるり「今日はしんさんがストーキングするかもしれないけど、タビコさんは好きなように我が道を走っていいからね」
ええっと それは簡単に言うと、
しんさんがハンター役で わたしが逃走役、バイク鬼ごっこって企画なのですね!? おkpk



虹の松原を走り抜け、 三瀬峠へむかって しんさんオススメルートを上る。
9:30
野菜直売所マッちゃんでハンターに捕まるかなあ?と思ったら捕まらなかったので、通過を報告して次!

ときどきヒント写真なども送っていると
2018y11m12d_081450307.jpg

12:00
太宰府天満宮でつかまっちゃったよ♪ 早っ!
2018y11m12d_081530717.jpg




ここから しんさんと二人で走って、
15:30
今日のメインイベント関門トンネル通過 。
2018y11m12d_081627843.jpg

料金20円!
なまあたたかかった。



16:00 壇ノ浦。
平家物語クライマックスシーンの舞台です。
碇のオブジェがここにあるのは、平知盛のエピソードにちなむと思われる。
2018y11m12d_081357094.jpg


この壇ノ浦に安徳天皇が沈んだとき、当然、 天皇家の三種の神器(勾玉・鏡・宝剣)をもっていた。
それぞれが木の箱に入っていたので、箱に入った空気のせいで玉と鏡は海面に浮いてきて、発見された。
が、宝剣は重いので沈んだまま。後日 源氏が大捜索したけどついに見つからなかった。
この宝剣が、ドラクエにも出てくるクサナギの剣です。
2018y11m11d_205212443.jpg

なくしたってことになると次の天皇が困るので 「沈んだのはレプリカだったんだよ」ということになってる。
ちょっと あやしい。
今もこの海の底に1本の宝剣が沈んでいることは事実だし、それがもしかしたら本物のクサナギの剣かもしれないと思うと
ロマンだなあ~
2018y11m12d_082203782.jpg



たった6歳だった安徳天皇を弔う赤間神宮
その隅っこのうす暗いところに ひっそり平家一門のお墓があった。
2018y11m12d_082005441.jpg

ヒトダマがいっぱいゆれる場所で耳なし芳一が琵琶を弾くシーンはここなんだね。




夕暮れの191号線。
通りもんを一生懸命探してくれた 親切なしんさん。
今日一日ありがとうね。
2018y11m12d_082421561.jpg

しん「さあっ!あと5分でレッドSUN(2号店)だよ。レッツゴー♪」


20分後。
しん「暗くてどこだかわかんないや。てへw」
「たすけに来て~ヒデジーさん~」

↑ ↑ ↑
こうなった戦犯はタビコなのである。
マイペースすぎて何曜日に山口にたどり着くかわからず、のほほんとしてるうちにレッドSUNは満室になっちゃったのである。
阿蘇ミーも終わった翌週、 祭りのあとにやってきた間のわるいお客なので、九州メンバーさんが集まってくれるなんて思わなかったの。
そしたら5人も集まってくださって、感謝感激。

そんな私達をレッドさんが 2号店・ 自宅に収容してくださったのである。
本当にありがとうございました。
しんさん、ヒデジーさん、ジーコさん、レッドさん、RS1300さん、
みんな楽しくてすてきな人で、温泉どうふのように温かかった。
勤務後かけつけてくれたり、フライト直前に顔だしてくれたり、、、嬉しかったなあ。
会えてすごくよかったです。
いつまでも一緒にお話していたかったけど、いちばん先にダウン。
レッドさんが貸してくれた子供用寝袋で就寝♪ (つづく)


本日の走行距離:270km

2018y11m05d_152011144.jpg


33555

Posted on 2018/11/12 Mon. 09:17 [edit]

category: 仲間旅

tb: 0   cm: 6

【九州のタビ その4】阿蘇~天草  

10月17日(木)
ゆるり「タビコさん、朝はサンドイッチ好きでしょ?買っといてあげたよ」
そういえばそうかなー? ありがとう
ゆるりさんはそんなこまやかな心遣いをしてくれるとってもやさしい人だ。
・・・って、あれ?その情報、どこで知ったの?
彼女の情報収集力はCIA並みなのである。
関東メンバーのあれこれも 私よりよく知ってた!
関東にも2、3諜報部員を仕込んでるに違いない!
2018y11m01d_085959683.jpg

そんな油断できない女神を今日は独り占めして、熊本~天草へ走ります。



8:30 ムー邸出発

11:30 熊本城
震災の爪痕を見て、悲しい気持ちになるだろうなあ、と思っていったら、
2018y11m01d_093005536.jpg

逆だった。
むしろ元気をもらったよ。

見て 見て このふんばり感 ↓ 足の指いっぽんで立つ宇土櫓。
2018y11m01d_091101034.jpg

西南戦争でも落ちなかった宇土櫓が、今もこうして ふんばってる。
これ見て元気が出ない日本人がいるだろうか。



12:30
味千ラーメン
2018y11m01d_091728414.jpg
ゆるり 「これぞ熊本ラーメン!ってのを食べてもらいたくって、、、やっぱここかなあと」
いい旅してもらいたいというゆるりさんの心遣いがスープと共にしみてくる。

13:30
私がすごく気に入った長部田海床路
2018y11m01d_091539263 (1)

道と街灯が、なぜか海に向かって伸びてる。そして途中から海中に沈んでいく幻想的な光景。



15:30
天草五橋を渡って下島に来たところで、ゆるりさんとお別れし、
世界遺産になりたてホヤホヤの天草の教会を見に行く。
崎津教会
2018y11m01d_094107381.jpg
大江教会
2018y11m01d_093850823.jpg

天草の西岸はとても静かで 小さな教会と夕陽の名所が点在する。

海辺のマリア像
2018y11m01d_094404905.jpg
2018y11m01d_090328645.jpg

東シナ海に沈む夕陽を、ひとりでいつまでも見た。

2018y11m01d_094255207.jpg

この夕陽をゆるりさんにも見せてあげたかったなあ




18時 ゲストハウスspring着。
2018y11m01d_103220409.jpg

本日の走行距離:250km
2018y11m01d_100300727.jpg







33270

Posted on 2018/11/02 Fri. 18:33 [edit]

category: 仲間旅

tb: 0   cm: 5

【九州のタビ その3】 阿蘇!  

10月16日 (火)
きびしいので有名な阿蘇ライダーハウスにはいっぱいルールがあって、その説明も長い。
でもお話には説得力があり、きいてるうちにオーナーさんの気持ちがわかってくる。
ばんさんは阿蘇が大好きで、バイクが大好きなのだ。
バイク乗りが阿蘇で嫌われることがばんさんにはなにより哀しいことなんだろな、と思う。

きびしいライダーハウスには、6時から朝練がある。
オーナーさんと、大観峰へ。
今朝は雲海には出会えなかったのが残念。
うっかり「ラピュタの道に行ってみたい」と口走ったせいで、長いおせっきょーを食らうw

2018y10m27d_195226432.jpg


3人で大観峰から下りて来ると、ゆるりさんとむーさんが待っていてくれた。
ゆるりたん、私はついに来たよ!・・・という感動の一瞬になるはずだったのに、
ばんさんとゆるりさんの初対面のほうが気になってハラハラし、それどころではなかった。

ゆるり 「いま ラピュタの道、どうなんでしょうね?」
ああああー。地雷を・・・
リフレインするおせっきょ~
2018y10m27d_195327874.jpg

ばんさん、お世話になりました。またお話ききに行きたいです。




てるもんのおかげで今日も良い天気。
2018y10m27d_200053060.jpg


ゆるりさんとむーさんがエスコートしてくれます。
ヒライでお弁当買い込んで、

草千里。
2018y10m27d_195934601.jpg
火口。
2018y10m27d_200142012.jpg


九州の風景は雄々しい。

北海道の広大さは心を開放してくれる風景だったけど、
九州の雄大さは 底の方からボコボコ勇気を湧き起こしてくれる風景だ。

ストレス感じてる人は北海道へ、GO~!
おちこんでる人は九州へ、GO~!




私がいちばんびっくりした高森ツリーハウス
2018y10m27d_200246065.jpg

ありきたりなやつを想像してたら、想像の数倍すごくて、まるで縄文アートのよう。
なんか製作者の情熱がバクハツしてた!




鍋ヶ滝。
2018y10m27d_200412604.jpg

阿蘇神社。

2018y10m27d_200455466.jpg

旧女学校。 レトロで絵になる場所。
ちょっと疲れたなぁと感じた頃、寒ざらしという冷たい甘味をごちそうになり、おいしかったなあ~




今夜はむーさんちに一泊お世話になります。
今日一日ありがとう、かんぱーい!
2018y10m27d_201014003.jpg

おこたの上で、肥後の赤牛が、馬刺しが、からしれんこんが、舞い踊っている。
なんという多幸感。

もう、長崎も天草も どーでもいいや。。。
ここでいつまでもしあわせに暮らしたい。

と思いながら就寝。(つづく)

本日の走行距離; うまくログが取れてなかった。200ちょい?
2018y10m27d_235643103.jpg



33100

Posted on 2018/10/27 Sat. 23:59 [edit]

category: 仲間旅

【伊豆】 台風一過の青色 【ミステリーゾーン】  

10月6日
西伊豆スカイラインは、濃霧だった。
2018y10m08d_210120770.jpg

仁科峠から土肥におりたころには日が暮れて、独りで心細かったけど
2018y10m08d_201847104.jpg


宿到着直前でみんなと合流でき、翌日は
こーんな
2018y10m08d_202104683.jpg


海のブルー・空のブルーに包まれて走りました。

2018y10m08d_202236508.jpg

タビコの中でナンバーワンの神子元島灯台。 また会いに来たよ。
2018y10m08d_202359640.jpg
そのむこうには伊豆七島もくっきり見えた。


コースのチョイスには定評のあるひでじぃーさんのツアー。
道を走ってるだけでもわくわく面白いのに、こんなきれいな風景の中を走るんだから さらに楽しい。
一緒に走ってくれたみなさん、おせわになりました。ありがとうございました。
2018y10m08d_205232067.jpg



【おまけ】
伊豆でおこった怖い話 ベスト3

その1
例のスポット 旧天城トンネルは、今回北側が土砂崩れで通行止めになっていた。
そこで、南側にバイクを置いて歩いてトンネルを通ってみた。
トンネルの真ん中あたりで、空車のタクシーに追い抜かれた。
こんな場所にタクシー? と思って見ると
空車メーターが立っているのに、後ろ座席には人影が!
キャーーーー
怖いので、観光客がタクシーでトンネルを見に来たんだろう、とみんなで無理矢理なっとくした。
しかし、数分後タクシーは空車メーターのまま帰っていき、北側にはそれっぽい客もいなかった。
2018y10m08d_205324333.jpg


その2
深夜、なにげに目覚めると、ひでさんがふとんの上で 考える人のポーズをとっていた。
目は完全に寝てるのに。
キャーーーー
怖いので、こういう寝相なんだ!と無理矢理なっとくしてまた寝ました。
romando_t3u005.jpg


その3
早く帰らなきゃとかなんとかの理由で、途中同時離脱した ぴーすさんとマダオさん
しかし、この二人が家に帰ったのは深夜23:30
しかも 二人ぴったり同時刻。
キャーーーー



10/6の走行距離;140k
2018y10m08d_222041798.jpg

10/7の走行距離: 165km
2018y10m08d_222145761.jpg

32603

Posted on 2018/10/08 Mon. 21:27 [edit]

category: 仲間旅

tb: 0   cm: 7

Profile

Calender

New Post

Comments

カテゴリ

Link

Search Box