スズノスケと私

愛車スズノスケ(SUZUKI GN125-2F)と私のツーリング日記です

旧甲州街道をゆく  

GN倶楽部のフォトレポで見た美しい写真に心惹かれて、旧甲州街道を探検しに行ってきた。

IMG_20170423_090041-660x371.jpg

ぐぐってうぃきったところによると 山梨県内の旧甲州街道は、

国道20号になったり、
IMG_20170423_100159-660x371.jpg

県道30号になったり、
IMG_20170423_091308-660x371.jpg

中央道の側道になったり、

そのどれでもないところを通ったり、

「これはもう 道ではないだろ!」という姿になったりして、うねうねと続いているらしい。
IMG_20170423_105202-400x225.jpg


「旧甲州街道はコチラ⇒」という小さな案内板を探しながら 走っていくと、
IMG_20170423_083049-660x371.jpg

古い一里塚に出会ったり、

旧宿場町の町並みに出会ったり
IMG_20170423_085338-400x225.jpg

突然 タビコの天敵・ダートになりやがったり
IMG_20170423_090429-300x533.jpg

ファンキーな蔵に出会ったりして、
IMG_20170423_083635-400x225.jpg


探検っぽくってとても楽しかった。



旧笹子峠。旧笹子トンネル
IMG_20170423_113038-400x711.jpg

今はもう誰も通らないであろう道に、山桜が咲き誇っていました。

帰りは、都留からどうし道に出て帰りました。
道の駅どうし
IMG_20170423_135849-660x403.jpg
道志渓谷沿いは、今が桜の盛りであった。


yappoさん いいところを紹介していただき、ありがとうございました(^^)


2017y04m23d_222900082.jpg

本日の走行距離:210km

Posted on 2017/04/24 Mon. 21:11 [edit]

category: 一人旅

tb: 0   cm: 2

伊豆のサクラに会いに行く  

4月14日 (金)
7時 自宅出発

11時 伊豆高原
IMG_20170414_111743.jpg


伊豆の道は どこもかしこも桜だらけだった。
IMG_20170414_112131.jpg



13:30
下田 報本寺の一本桜
きれいに掃き清められた山寺に咲く しだれの老木でした。
200歳だって。
IMG_20170414_135104-600x337.jpg


14:00 BASARA峠を越えて、西伊豆方面へ。
松崎町 那珂川沿いは、川沿いに桜並木と菜の花が何キロもつづいていた。

IMG_20170414_142304-652x367.jpg

那珂川

14:30 堂ヶ島
岩によじ登って波を見れる。
IMG_20170418_101545-660x371.jpg


15:30 最福寺
白い八重咲きのしだれ桜。ここだけに咲く珍種なんだって。
なので、その名も 「伊豆最福寺しだれ」 !
ポップコーンみたいだなw
江戸時代には対岸の清水からも駿河湾越しに白い花が見えたそうです。
IMG_20170414_154042-367x652.jpg



予定よりずいぶん遅れてしまったので 西伊豆スカイラインをあきらめた。
桜吹雪の土肥峠を越えて、修善寺方面に向かう途中、
廃校になった小学校跡地に咲く しだれ。

IMG_20170414_162535-660x371.jpg

ちょっと夕暮れに通ったせいか、この桜がいちばん好きになった。
校庭がにぎやかだった頃の子供の歓声を幹が吸収して記憶していそう。
いろんな物語を知っていそうな桜の木でした。


修善寺から熱海に抜けるすごくいい道を見つけたので、次はもっと早く西伊豆に行けるかもしれない。

2017y04m18d_213418306.jpg

(走行距離 270km)
19:30 帰宅
ずっとピンク色の中を走ったせいで、桜によっぱらったようなへんてこな気持ちだ。
足元がふわふわしてる。








Posted on 2017/04/18 Tue. 22:03 [edit]

category: 一人旅

tb: 0   cm: 7

【レンタバイクでゆく】 春の奈良旅~その4(終)  

3月19日(日)

3日間ずっと寒かったけど、最終日の今日だけとても暖かい。
18時過ぎの新幹線に間に合うように京都市内を散策します。

IMG_20170319_145743.jpg

私の定番・壬生寺界隈を歩いたあと、嵯峨野へ。
海外からのお客さんがものすごくイッパイで驚く。
竹林散策ルートができたせいで、以前はしんとしてた野の宮もこの状態。
中国語のガイドさんが拡声器で説明をしていた。
IMG_20170319_122416.jpg

静けさを求めて 京都の西のはずれに来た。

大原野神社

IMG_20170319_163417.jpg


コマイヌの代わりに コマジカ♪
手水もシカ。
IMG_20170319_163743.jpg

そのせいで、なんとなくのどかで可愛らしい雰囲気の神社でした。

勝持寺(花の寺)

大原野あたりは竹林が多い。
バイクで林道に入ってみると、若竹が青々と綺麗だった。
今、いちばん綺麗な季節だね。
IMG_20170319_141959.jpg

善峯寺
「遊龍」という名の松があった。
写真のこれ。 一本の松なのです。
ネーミングが上手いね!
IMG_20170319_150055.jpg


十輪寺
b0169330_2295579.jpg

そうだ、京都行こうのポスターになった桜もまだ咲いてなくて静か。
咲いたらきれいだろうな。でも人がいっぱいなんだろうな。

IMG_20170319_160642.jpg



時間いっぱい楽しんで、神奈川に帰りました。(おわり)




P.S.
今回 アドレスを借りたのは、レンタル819京都中央店。
担当スタッフは元GN乗りさんで、色々親切なアドバイスをしてくださいました。
4日間(48時間) ヘルメット込みで 21000えん
京都・奈良・滋賀・三重の4県 500kmを走りました。

家族 「それって軽のレンタカー借りれる値段じゃ?」

うっ・・・・・。

で、、、でもね。
バイクとクルマじゃ全然ちがうのよ。
「わ、綺麗」と思った場所で即とめれるし、
渋滞も駐車場探しも無縁だし、
奈良の田んぼの春のにおいも、梅の匂いも、竹林の青い木漏れ日も、
クルマの窓ごしとは全然ちがって、すごくダイレクトに来るんだよ。

迷子になりつつやっとたどり着いた法隆寺がとっくに閉館してて泣きそうになったことや
ホネが凍結しそうに滋賀の山道が寒かったことも
ひと月もたてば、いい思い出に浄化しちゃうんだよ。

Posted on 2017/03/25 Sat. 20:29 [edit]

category: 一人旅

tb: 0   cm: 8

【レンタバイクでゆく】 春の奈良旅~その3  

3月18日(土)

毎日ずっと寒い。

今日から GN倶楽部のみなさんが潮岬でキャンプやってるそうだ。
会いに行きたかったけど、思いのほか遠そうなのであきらめて
安土城址を見に滋賀近江八幡へ。

IMG_20170318_131551.jpg

どうせなら景色がいい道を通ろうと琵琶湖湖畔道路を走ってみたけど、
こんな寒々しい風景だった。
いやんなって国道へ戻った。





安土・信長の館 600えん
IMG_20170318_151959.jpg

地下1F 地上6階建てであった天守閣の 5階6階部分だけ再現してある。
信長らしいすごく奇抜なデザイン。
きっとがっかりスポットだろうな~と期待せずに入ったら、
工芸職人さんの匠の技で再現されていて、見ごたえあった!


安土城以前の城は要塞であったが、
安土城は、日本史初の見せびらかすためのお城だったんじゃないかな。
信長自身、ライトアップイベントを開いたり、見物料を徴収したりしている。

安土城址 700えん
2016y05m07d_205952003.jpg

天守閣に至る石段と町並みが残ってます。
登って降りるのに1時間かかった。
頂上からこんな風景。

信長の夢の跡だ。

IMG_20170318_161209.jpg


ラ コリーナで生どら(200えん)食べて、 クラブハリエのバウムクーヘン(2160えん)買って帰りました。





IMG_20170317_204204.jpg

京都の宿 MOZAIC HOSTELの近所の銭湯・大正湯が気にいって2晩通いました。 400えん

木札の下駄箱
番台
タイルのお風呂・・・・。

京都駅から徒歩5分のところにこんなレトロなお風呂屋さんがあるとは~!
お客さんはインターナショナルで いろんな言語が飛び交っていました。


(つづく)

Posted on 2017/03/25 Sat. 00:31 [edit]

category: 一人旅

tb: 0   cm: 0

【レンタバイクでゆく】 春の奈良旅~2  

google mapで 偶然見つけて気になっていたこの場所。
2017y03m22d_195015526.jpg

行ってみたら、こんな場所だった。

IMG_20170317_084531.jpg

頭塔っていいます。
子供の遊び場だった謎の小山を掘ってみたら、こんなピラミッドまがいのものが出てきてびっくりしたそうだ。
奈良時代にファンキーなお坊さんがインドの流行最先端をまねて作ってみた(だが、失敗)作品らしい。
こんな面白いものも 奈良ではたいして見向きもされてないB級遺跡なんだなあ~というところにも妙に感動した。

気になってたことが解決してすっきり!




お茶畑のなかを、柳生街道を走って
IMG_20170317_094927.jpg

月ヶ瀬へ。
IMG_20170317_110126.jpg


月ヶ瀬って地名もきれい。

梅もきれい。
IMG_20170317_111418.jpg

おじさんが炭火で焼いてくれたよもぎ餅(120えん)がものすごく美味しかった。

IMG_20170317_114003.jpg



さらに走って、伊賀上野へ。
ニンジャ押しの伊賀のまちにはそこかしこにニンジャがいました。
IMG_20170317_134357.jpg
IMG_20170317_134415.jpg


そして、今回の旅でいちばん来たかった場所、御斎峠へ。
日本の歴史の分岐点にしばしばひっそりと登場するこの峠の名前。
滋賀県甲賀市と三重県伊賀市の県境にあるんだね。
つまり日本のニンジャ2大勢力の境界線。
義経が、葛籠重蔵が、家康が、ハットリくんが、自分の運命をかけてこの峠を越えていった。

IMG_20170317_144110.jpg

展望台から伊賀盆地全体を見下ろせて その真ん中に伊賀上野城が見えて、
とても感動的な風景だった。



ほんとは甲賀にも行きたかったけど、あまりに寒くてもういや。
あきらめよう。
信楽で陶芸家をしてる友人を訪問したあと、京都の宿へ向かいました。
IMG_20170317_191354.jpg
IMG_20170317_190951.jpg

帰り道に寄った夜の伏見稲荷はちょっと妖しい雰囲気でした。(つづく)


2017y03m22d_205759409.jpg




Posted on 2017/03/22 Wed. 22:06 [edit]

category: 一人旅

tb: 0   cm: 3

Profile

Calender

New Post

Comments

カテゴリ

Link

Search Box