スズノスケと私

愛車スズノスケ(SUZUKI GN125-2F)と私のツーリング日記です

とってつけたような理由  

スズノスケに乗り始めて今月末で丸3年です。

1年目、2年目は乗る理由なんて必要なかった。
走りたくてしょうがなくて暑くても寒くてもいそいそ出かけていった。
ところが、この春は忙しいことを理由にまだおでかけしてない。
忙しい。寒い。暑い。スカート着れない。雨ふりそう。髪がぐちゃぐちゃになる、、、乗らない理由はいっぱい浮かぶ。

まずい。

これは、乗るための理由づくりが必要だ。
みんなやってる御朱印あつめ、道の駅めぐり、自販機めぐりも そんなとこなのかもしれないなあ
でも 御朱印も道の駅もあんまり興味がないしなあ
興味あるものと言えば歴史スポットかなあ

・・・と考えて、 導入してみたのが

じゃじゃ~~ん
城攻めアプリ
2018y03m21d_215235471.jpg

予備知識なしに入れてみたけど、おもしろそう。

城主タビコはまだ0万石です。

2018y03m21d_213813826.jpg

市内に上杉家の糟屋館という城跡ポイントがあったので、とりあえず攻めに行ってみよう。
(バイクでなく自転車でw)
こんな場所、市民の私も知らないよ。


どんどん人里離れた山の中に導かれ、
道なき道を通らされ、
バイクで来なかったのがナイス判断であった。
2018y03m21d_213715933.jpg

さらに自転車も通れない道に導かれ、
2018y03m21d_213723290.jpg

最終的にアプリが指したはコレ
2018y03m21d_213701648.jpg


畑の中の農具置き場であった。
こんな写真ばっかりのせると、イセハラ秘境疑惑がますます深まるではないか。

とりあえず城攻めボタンを ポチッ

2018y03m21d_213740414.jpg

城主タビコは1万国の城主になった。


2018y03m21d_213756475.jpg


なんだか冴えない初陣だったけど、
とってつけたような理由もできたので今シーズンもまたスズノスケと走ろっと♪









Posted on 2018/03/22 Thu. 20:35 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 7

新年から 炎上  

昨日朝、家族がヤビツ峠付近の駐車場に車を置いて丹沢に上りました。
数時間後下山してくると、駐車場に消防車やパトカーが来ててなんかざわついてた。

見たら、3台の乗用車が綺麗に燃えつきてました。
駐車場付近の野原から発火して、駐車場に燃え移ったそうです。

3台のうちの1台がうちのCX-5でした。
これネイビーブルーだったんだけど、塗装もアルミホイールも全部溶けてなくなって、こんなんなってました。
S__12394512.jpg


よく走ってくれた お気に入りのCX-5。
このお正月も 神奈川~広島の往復1600kmを走ってくれたね。
途中、大雪の鈴鹿峠に迷い込んで、がんばって走ったね。
・・・ 記念に貼っとこっと。
2018y01m07d_140701345.jpg

なのに突然こんなんなっちゃって・・・・・
悲しくてショックで、私がこの写真を正視できたのは24時間後の今、やっとです。


そんなわけで、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

Posted on 2018/01/07 Sun. 14:14 [edit]

category: 未分類

【ペルシャへのタビ】バイクのある風景  

イラン南部の町、シーラーズ
IMG_20171119_165718.jpg

ここの二輪車の体感7割が HONDA CG125というバイクだった。
(残り3割はきいたことないメーカー、 スクーター、少し大型車)
IMG_20171120_154510.jpg

この町で作ってるのかな。
IMG_20171118_191138.jpg

絨毯を運んだり、家族を乗せたり、大活躍していた。
IMG_20171120_160048.jpg

町の人も「ジャポニ? ホンダ~♪ フットボール・ホンダ~、モト・ホンダ~」と言ってくれる。
ちょっと嬉しい。
IMG_20171119_213119.jpg



ところで、Sマークはないのか?

やっと見つけたSマークは、なんと白バイ(?)だった。
IMG_20171119_171752.jpg

持ち主のおまわりさんが撮影許可してくれたので撮ろうとしたら
向こうからその同僚のポリスマンが2人「NO---!」と怒鳴りながらすごい勢いで駆けてきた。
つたない英語で
「アイアムSUZUKIモトドライバー。アイラブSUZUKI。プリーズフォトSUZUKI(なんのこっちゃw)」
としどろもどろに説明したら、ニッコリしてポーズまで取ってくれた。
IMG_20171119_171713.jpg

そんな愛と勇気と友情の1枚です。
イケメンマッチョのおまわりさん、ありがとうございました。
このポリス車の他には、今回の旅でSUZUKI車一台も見かけなかったなあ

Posted on 2017/12/01 Fri. 09:42 [edit]

category: 未分類

【Spotify】長旅に必要なのは 口ずさめる一つの歌さ  

img_0.jpg
・・・・・と、スナフキンもこう言ってることだし、

ヘルメットにヘッドホンとレシーバーを取り付けました。
安上がりでしたけど、工作が下手っぴなので ヘッドホンが時々外れて困ってます。
IMG_20170710_130126.jpg



ソースは自宅でいつも使ってる 音楽配信サービスspotifyです。

4000万の曲の中から自由に検索して選べるし
好きなアーティストに関連した曲も紹介してくれるし
だんだん私の好みも憶えてくれるので
spotifyには好きな音楽を発掘する楽しみがあります♪


自宅でwifiで聴くぶんにはデータ量を気にしなくていいけど
運転中 LTEでストリーミングするには、どのくらい食うんだろう。

理論上は 160kbps * 3600秒 /8bit =1時間あたり72Mb
でも、実測してみたら 30分で45Mb=1時間あたり90Mb
ざっと 11時間使用で1ギガ食うんですね




もっと聴きたいと思った場合の対策を考え中

(1)spotify有料プランにする(月額980円)
◎広告、skip制限などから解放される
◎オフライン視聴ならネットなしで聴ける
Xオフライン視聴は予めダウンロードする必要がある。HDD食う。めんどい。

(2)MVNOの契約容量を増やす
今2G(月770円)→3G(850円)
◎現在1G余してるから、プラス80円で22時間分は聴けるようになる。ハードル低い。
Xいい気になって聴きまくったらそれでも天井にぶち当たる
◎それでもだめなら5Gで1210円 44時間分

(3)BIGLOBEのエンタメフリーオプション
3G(月900円)+オプション料金(月980円)
◎各種音楽ストリーミングの他youtubeやabemaTVも見放題

とりあえずは、(2)だっ



25721

Posted on 2017/10/22 Sun. 14:15 [edit]

category: 未分類

旅は、バイクがいい。  

「そうだ、もっぺんバイク乗ろう」と思うきっかけになった一台、
ウズベキスタンの古都ブハラで、同じ宿になった旅人さんのバイクです。

DSCF0203.jpg

会社を辞めてウラジオストク行きのフェリーに乗り、シベリア平原を走って50日目にここまで来たそう。
日本を出る時に知ってるロシア語は「ハラショー」だけだったけど、 今じゃあロシアのバイク乗りさんたちと義兄弟の契りを結んだそう。
「冬までにアフリカに逃げたいから、明日は600k先の町まで走らなくては・・・だいじょうぶか?俺」
と、こぼしつつ、ヤケに嬉しそうだった。

そうだよね、旅の本質は途方にくれることなんだよね。

美しい風景、有名な遺跡など見るのはもちろん感動するけど、後々までいちばん思い出に残るのは、困ったこととか、ひどい目にあったこととか、土地の人と厚意に触れたことだったりする。
知らない場所で途方にくれるのは心細い。
そして道が見つかったり、自力で何とかたどりつけたり、誰かに助けてもらえたりすると、ものすごく嬉しい。


不安と安堵。

緊張感と達成感。

ストレスとカタルシス。

この2つのめくるめく波状攻撃が、旅の正体だと思うんだ。
2つに落差があるほど、いい旅だったと感じる。



けれど、旅には麻薬と同様な薬物耐性がある。
最初は、ちょっとしたHISツアーでもドキドキワクワクできてたものが、
だんだん旅行慣れしてくると、誰もが行ってるような場所ではドキドキワクワクできなくなり達成感も味わえなくなってしまう。
さらにインターネットに情報が氾濫してるので簡単に下調べができてますますワクワクドキドキできない。

すごい達成感を味わうためには、いっぱい緊張しなければならない。
旅慣れしてくるとそのハードルがどんどん高くなる。
それで、よりいっそうの緊張をするために誰も行かない国や秘境を狙うようになってくる。

時々、治安の悪い国で一人旅の日本人が死んじゃったとかいうニュースを聞くと、
あぁ、旅の薬物耐性がすすんで旅ジャンキーになっちゃったんだなあ・・・と思う。
不幸なことである。

その点、あたしはラッキーだな。
まぬけだし、あわてものだし、しっかりしてないし、方向音痴だし、英語もしゃべれないし、いつも不安と緊張でいっぱいだ。
旅情報の下調べもいやだ。
さらにスズノスケに乗ると、こけるし、暑いし、濡れるし、高速に乗れないし、メカ音痴だし、
おかげで、世界の果てまで行かなくても思う存分 困れるし、ひどい目にあえる。
スズノスケと私はいつまでたっても旅慣れしないという意味で、旅上手である。




翌日、中央アジアの砂漠の未舗装の道を、彼は もうもうと砂ぼこりをあげて走っていった。
とてもうらやましくて、またバイクに乗ろうと決心するきっかけになりました。




Posted on 2017/08/27 Sun. 00:37 [edit]

category: 未分類

Profile

Calender

New Post

Comments

カテゴリ

Link

Search Box