スズノスケと私

愛車スズノスケ(SUZUKI GN125-2F)と私のツーリング日記です

【Spotify】長旅に必要なのは 口ずさめる一つの歌さ  

img_0.jpg
・・・・・と、スナフキンもこう言ってることだし、

ヘルメットにヘッドホンとレシーバーを取り付けました。
安上がりでしたけど、工作が下手っぴなので ヘッドホンが時々外れて困ってます。
IMG_20170710_130126.jpg



ソースは自宅でいつも使ってる 音楽配信サービスspotifyです。

4000万の曲の中から自由に検索して選べるし
好きなアーティストに関連した曲も紹介してくれるし
だんだん私の好みも憶えてくれるので
spotifyには好きな音楽を発掘する楽しみがあります♪


自宅でwifiで聴くぶんにはデータ量を気にしなくていいけど
運転中 LTEでストリーミングするには、どのくらい食うんだろう。

理論上は 160kbps * 3600秒 /8bit =1時間あたり72Mb
でも、実測してみたら 30分で45Mb=1時間あたり90Mb
ざっと 11時間使用で1ギガ食うんですね




もっと聴きたいと思った場合の対策を考え中

(1)spotify有料プランにする(月額980円)
◎広告、skip制限などから解放される
◎オフライン視聴ならネットなしで聴ける
Xオフライン視聴は予めダウンロードする必要がある。HDD食う。めんどい。

(2)MVNOの契約容量を増やす
今2G(月770円)→3G(850円)
◎現在1G余してるから、プラス80円で22時間分は聴けるようになる。ハードル低い。
Xいい気になって聴きまくったらそれでも天井にぶち当たる
◎それでもだめなら5Gで1210円 44時間分

(3)BIGLOBEのエンタメフリーオプション
3G(月900円)+オプション料金(月980円)
◎各種音楽ストリーミングの他youtubeやabemaTVも見放題

とりあえずは、(2)だっ



25721

Posted on 2017/10/22 Sun. 14:15 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 4

旅は、バイクがいい。  

「そうだ、もっぺんバイク乗ろう」と思うきっかけになった一台、
ウズベキスタンの古都ブハラで、同じ宿になった旅人さんのバイクです。

DSCF0203.jpg

会社を辞めてウラジオストク行きのフェリーに乗り、シベリア平原を走って50日目にここまで来たそう。
日本を出る時に知ってるロシア語は「ハラショー」だけだったけど、 今じゃあロシアのバイク乗りさんたちと義兄弟の契りを結んだそう。
「冬までにアフリカに逃げたいから、明日は600k先の町まで走らなくては・・・だいじょうぶか?俺」
と、こぼしつつ、ヤケに嬉しそうだった。

そうだよね、旅の本質は途方にくれることなんだよね。

美しい風景、有名な遺跡など見るのはもちろん感動するけど、後々までいちばん思い出に残るのは、困ったこととか、ひどい目にあったこととか、土地の人と厚意に触れたことだったりする。
知らない場所で途方にくれるのは心細い。
そして道が見つかったり、自力で何とかたどりつけたり、誰かに助けてもらえたりすると、ものすごく嬉しい。


不安と安堵。

緊張感と達成感。

ストレスとカタルシス。

この2つのめくるめく波状攻撃が、旅の正体だと思うんだ。
2つに落差があるほど、いい旅だったと感じる。



けれど、旅には麻薬と同様な薬物耐性がある。
最初は、ちょっとしたHISツアーでもドキドキワクワクできてたものが、
だんだん旅行慣れしてくると、誰もが行ってるような場所ではドキドキワクワクできなくなり達成感も味わえなくなってしまう。
さらにインターネットに情報が氾濫してるので簡単に下調べができてますますワクワクドキドキできない。

すごい達成感を味わうためには、いっぱい緊張しなければならない。
旅慣れしてくるとそのハードルがどんどん高くなる。
それで、よりいっそうの緊張をするために誰も行かない国や秘境を狙うようになってくる。

時々、治安の悪い国で一人旅の日本人が死んじゃったとかいうニュースを聞くと、
あぁ、旅の薬物耐性がすすんで旅ジャンキーになっちゃったんだなあ・・・と思う。
不幸なことである。

その点、あたしはラッキーだな。
まぬけだし、あわてものだし、しっかりしてないし、方向音痴だし、英語もしゃべれないし、いつも不安と緊張でいっぱいだ。
旅情報の下調べもいやだ。
さらにスズノスケに乗ると、こけるし、暑いし、濡れるし、高速に乗れないし、メカ音痴だし、
おかげで、世界の果てまで行かなくても思う存分 困れるし、ひどい目にあえる。
スズノスケと私はいつまでたっても旅慣れしないという意味で、旅上手である。




翌日、中央アジアの砂漠の未舗装の道を、彼は もうもうと砂ぼこりをあげて走っていった。
とてもうらやましくて、またバイクに乗ろうと決心するきっかけになりました。




Posted on 2017/08/27 Sun. 00:37 [edit]

category: 未分類

能登半島へのタビ (4)  


「北陸には記録的な大雨が近づいています」と天気予報が言った。

7月23日(日) 8:00
はやく脱出しなければ、、と思いつつ、
でもせっかく金沢へ来たんだから、と欲を出して行ったザーザー降りの兼六園
IMG_20170723_083542.jpg

ちっとも おもしろくなかった。
そのうえ駐車場で叱られた。

9:00
日本海沿いの国道8号線を糸魚川に向かって走る。
レインウエアの中に水が滲みてきてびしょぬれになった。 ナビ用電源が壊れないか心配。
どしゃ降りになったらコンビニに逃げ込んで雨宿りし、
ネットの雨雲レーダーとにらめっこしながらひた走った。

13:00
やっと、雨雲をふりきったーーと思った福井県に入ったあたりで おなかすいてきた。
そういえば 必死すぎて朝から何にも食べてない。

今日の目標は 鬼無里村・いろは堂のおやきをたらふく食べることなので
そのためにお腹ペコペコで長野に突入したいところなんだけど、
このへんの海沿いには、 名物 タラ汁 という看板がたくさん出てる。

汁物くらいならいいよね?と誘惑に負けて、

14:00
道の駅 親不知
IMG_20170723_140938.jpg

タラ汁の食券を買ったつもりが、まちがえて親不知名物セット( タラ汁&得体の知れない深海魚の天丼のコラボ ガッツリ定食)のボタンを押してしまったらしい。
あれ?お釣りが出ない、へんだなあって思ったのよね・・・。
IMG_20170723_140304.jpg

今ガッツリ食べてしまうとおやきプランがめちゃくちゃに。
しかも、得体の知れない深海魚の天ぷらは 見た目が大変グロテスクだった。
しばらく見つめながら うなだれる。
IMG_20170723_142718.jpg

もう食べるしかないよね、、、と食べてみたら、意外にもおいしかった。
(本命のタラ汁のほうはおいしくなかった)



深海魚のせいでまた雨雲においつかれ、
いろは堂の閉店時間に間に合うかあせりつつ 雨の中2時間で85kmを駆け抜けて

17:20
鬼無里村 いろは堂
IMG_20170723_173411.jpg
閉店時間10分前。
もう店じまいの支度をしていた店長さんは、ずぶ濡れの私を見て哀れに思い、
仕舞ったそば茶ポットをまた出してきて
「時間気にせずにゆっくりお召し上がりください」と言ってくれた。
温かいおやきと 温かいそば茶。 しかもおまけのおやき(半個)まで。
安堵と温情に感激したのとでなんかもう胸がいっぱいになり、結局1個しか完食できなかった。

お土産用におやきを買って
IMG_20170723_190425.jpg
18:30
善光寺そばのゲストハウス着。


本日の走行距離:240km
2017y07m26d_075342000.jpg

今日はほんとにさんざんな日だったけれど、ひと月もすればきっと今日の事がいちばん思い出に残ってるだろう、と私は思う。

旅(travel)は 困難(trouble)と同じ語源なのです。


Posted on 2017/07/27 Thu. 21:34 [edit]

category: 未分類

山中湖  

下界は35℃なのに、山中湖は25℃だった。

19.jpg

山中湖畔 花の都公園のポピー畑
来月あたりはひまわり畑になるそうです。
富士山には夏雲がかかって見えなかった。

2017y07m18d_210454848.jpg

うちから 宮ヶ瀬・道志みち経由で 山中湖まで 往復150km。
渓谷沿いで高度もあるからとても涼しい道です。
夏はついこっちに足が向かってしまう

Posted on 2017/07/18 Tue. 21:25 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 7

スズノスケの誇り  

全ミーのユーウツは、自己紹介&愛車紹介コーナーである。
人見知りで緊張しぃの私には マイクが天敵なのである。
声がうわずってしまうのである。
それに、かっこよくカスタムされてるGNが多い中で、スズノスケの見た目は変わりばえしなくてアピールポイントに困るのである。


何も言えないけど、でも、心の中ではひそかに「うちのスズノスケが一番♪」とも思っているのである。

スズノスケのどこがスゴイかというと、、、

カチャさんのエンジンガード
へんおじさまのイグナイター
しまぽんさんのメーター
凛パパさんのシート
ヒランさんのサイドスタンド
としやさんの風防
ぴーすさんのナンバーカバー(しかもピンクw)
などなど

スズノスケはみんなの部品のツギハギでできている。フランケンシュタインのように。

そのわりに見た目が変わり映えしないのは「オリジナルが好き」というオーナーの意向を
みんなが尊重してくれてるから。

さらに、、、

トモジイさんにスプロケットとエンジンを手術してもらい
としやさんがチェーンを交換してくれて
ゆーぞさんがタイヤとライトを交換してくれ、
カチャさんといくらさんがチビ化改造してくれて

そう。倶楽部の技術と部品が結集してスズノスケを走らせてくれてるんである。


私には何一つ技術がないので、スズノスケが壊れたらもう同じ改造はできない。
私にとって代えの効かないバイクとなっている。

スズノスケと走る時いつも、私はそのことを実感してみんなに感謝しながら走っています。



20170613143727407.jpg

・・・って、全ミーの自己紹介でこんなふうに言いたいのになあ。 無理なんだなあ。

Posted on 2017/07/01 Sat. 22:20 [edit]

category: 未分類

Profile

Calender

New Post

Comments

カテゴリ

Link

Search Box