スズノスケと私

スズノスケ(SUZUKI GN125)とサビノスケ(KAWASAKIエストレヤ)と私のツーリング日記です

【 土偶 】 縄文へのタビ (2) 【山梨】   

松本では、ガソリンがリッター\180もして、ちょっと機嫌悪くなる。
一泊2000円のお得なホテルを見つけたのに、駐輪代600円を上乗せされて、またちょっと機嫌悪くなる。

晩ごはんは、猟師さんのお店を再訪問した。
自ら仕留めたイノシシと自ら採取のネガマリタケを料理してくれた。
どちらも食べるの初めてだ。

2022y06m13d_172658488.jpg




2022y06m12d_231952260.jpg

翌朝は、美ヶ原ですばらしい雲海を見た。
2022y06m12d_232028271.jpg



南アルプスふるさと伝承館。

壺に描かれたダンサー。
2022y06m12d_232511747.jpg
半蛙半人なんだそうだ。

この博物館の館長さんは、博識で説明上手。
興味深くて感動的なお話だった。

中でも心に残ったのは、縄文時代には戦争がなかった、という話。
暴力はいけないのでやめましょう、ではなく、戦争という発想そのものがなかった。無意味なので。
縄文ライフは 狩りと木の実採取なので貯蔵が効かないし、少人数のほうがうまく回る。
よその村を攻めて人や食料を奪っても何の得もないのである。

しかし、米作りとともに戦争はやってきた。
米は貯蔵が効くから蓄えたら富になる。土地に価値も与えた。
貧富の差ができ、他人の富を奪うことが利となる世界になった。


土偶界のアイドル・ラヴィー
2022y06m12d_232255684.jpg

パネルに「何に見えますか? 土偶に正解はありません。自由に想像してみてください」
と書いてあったので、
「お腹いっぱいでしあわせなキモチになってる人だと思います。」と私の見解を発表したら、
「ちがいます。」と館長さんに全否定された。

館長さんのおかげで、今回訪れたなかでこの博物館がいちばん楽しかったです。




次。
山梨県立考古博物館。

さすが県立で展示品は充実していた。
しかし、前の館のように面白い解説してくれる人がいないのは寂しい。

ちょうど 人面付き土器の企画展をやっていた。

5000年前の コップのフチ子さん
2022y06m12d_232556965.jpg

うしろから見ると、
2022y06m12d_232608565.jpg

一生けん命へばりついている。


壺に顔が付いてるのは、壺を女性の胎に見立ててるらしく、中には
2022y06m12d_232846041.jpg

こんな風に赤ちゃんが産まれてくる瞬間を象ってる壺も。




私のお気に入りは、

5000年前の 踊る棒人間
2022y06m12d_232948241.jpg
(壺側面展開図)


棒人間が変化して、踊る蛇おんなになり、
2022y06m12d_232738291.jpg

ついには、何かわかんない謎の生物に。。。クリオネ? 宇宙生物?
2022y06m12d_233021393.jpg



縄文時代へのトリップ、楽しかった。
釈迦堂考古館も行く予定であったのに、ゆっくり鑑賞しすぎて時間がなくなってしまった。
また来よう。(おしまい)
2022y06m11d_2332435052.jpg




精進湖ブルーラインから 山中湖 R246経由で帰宅。
本日の 走行距離:260km
2022y06m12d_011829258.jpg







Posted on 2022/06/14 Tue. 00:05 [edit]

category: 一人旅

tb: 0   cm: 3

【 土偶 】 縄文へのタビ (1) 【信州】  

最近の縄文ブームに、私もはまってます。
梅雨の晴れ間の今日は、信州方面の考古学博物館めぐりにでかけた。
2022y06m11d_232850535.jpg

井戸尻考古館。
2022y06m11d_232941423.jpg


バンザイ土偶。
2022y06m11d_233048543.jpg


この博物館の説明パネルは、文学的で格調が高くて感動した。
土偶には目や口はテキトーでも眉毛だけはばっちり描かれている。
2022y06m11d_233205971.jpg

なぜか? 眉毛は月に通じ、月の満ち欠けには死と再生への信仰があるからだ。
ここのパネルではそれを古い月を抱く新しい月と表現してた。

よくわかんないながら、三日月を敬虔な思いで見上げる古代人を想像して、心に響いた。



次。
尖石縄文考古館。

国宝土偶・縄文のビーナスは、
2022y06m11d_233329119.jpg


後ろ姿もキュート。
2022y06m11d_233347153.jpg


国宝土偶・仮面の女神 。
2022y06m11d_233418042.jpg

村の願いを一身に背負って祈る巫女の姿なのだそうだ。
けなげで雄々しい。




2022y06m11d_233453259.jpg

お昼に梅蔵のピザを食べながら、岡谷の考古館に行くかビーナスラインを走るか迷った。
せっかく茅野まで来たらビーナスを走らないのはもったいないよね。
岡谷の考古館はまた今度にしよう。

2022y06m11d_233549023.jpg

ビーナスには、気の早いレンゲツツジがちらほら咲いていた。
あと1週間もすれば高原を朱く染めるはずだ。


三峰茶屋あたりから濃霧になったので、美ヶ原はあきらめて扉峠から下り、松本で一泊することにしました。(つづく)
2022y06m12d_002514192.jpg




本日の走行距離:270km
うち高速30km(一宮御坂~韮崎)

2022y06m11d_234730707.jpg




Posted on 2022/06/12 Sun. 00:35 [edit]

category: 一人旅

tb: 0   cm: 0

【27000km】 はじめてのプラグ交換 【自分メモ】  

停止するたびにエンジンが止まるのは プラグのせいかもしれないとアドバイスもらったので
プラグ交換に初挑戦。

いろいろ調べてみると、プラグって走行距離2000-8000kmごとに交換しろと書いてある。

え、そーなの?無交換で24000kmも走ってたよ。。。。

知らないって恐ろしいな。



中古で買ったサビノスケに車載工具はついてなかったので、(本来はこの下に入ってたはず)
2022y06m04d_210700752.jpg

プラグと交換用18mmスパークプラグレンチをアマゾンで購入し、

ドキドキしながら交換!

2022y06m05d_192533750.jpg

無事できた。
エンジンもちゃんとかかる。
むしろ、私がやったにも関わらず エンジンがちゃんとかかることにおどろく。


が、なにやら黒い輪っかのようなパーツ(↓左)が一つ余ってる。
2022y06m04d_200813183.jpg


なんだろう?これ

エライ人にお訊ねしたら、プラグとプラグキャップの間にはめ込む輪っかだという。
輪っかをはめた上からキャップをはめ込むのには力が必要で、非力な私はかなり苦労した。
輪っかの向きにも注意


【自分用メモ】
・今回つけたプラグ:DR8EA ¥300 (今まで入ってたのと同じヤツ)
・次回交換目安:32000k走行時くらい。
・回して乗る人は、熱価9(DR9EA)でもいいらしい。私は回さない人なので、DR8EA
・イリジウムDR8EIXでもいいらしい。 価格は¥1200-1300
高いから、なにかいいことがあるのかもしれない。

Posted on 2022/06/05 Sun. 19:53 [edit]

category: メンテ(サビノスケ)

tb: 0   cm: 7

Profile

Calender

New Post

Comments

カテゴリ

Link

Search Box